暮らし

買ってよかった!無印良品のステンレス【パン切りナイフ】が想像以上に優秀だった!

PVアクセスランキング にほんブログ村

購入しようか悩み続けること約1年。ずっと楽天ショップのお気に入りに入ったままだった「GROBALのパン切りナイフ」。

パンを切るために包丁を買うの勿体ないよな…

いつも使ってる包丁でもそれなりに切れるし…って思うとなかなか踏ん切りがつかなくてね。

でも、楽天セールでついに購入しました!イエーイ!ひゃっほ~う♪

もっと早く買っておけば良かった!って思ったほど優秀なアイテムだったので、早速「パン切りナイフ」の紹介をしちゃうぞ♡

パン切りナイフ(包丁)とは

パン切りナイフとは、名前の通りパンを切るための包丁だよ。

パン切り包丁は、刃の形状が「波刃」「平刃」「ハイブリッド」の3タイプあるんだって。

今回私が購入したのは、波刃のタイプ。

波刃のギザギザのおかげで、固いパンを簡単に切ることが出来るし、柔らかいパンもつぶさずに切れる優れもの!

欲しかったのはGROBALのパン切り包丁

楽天のお気に入りに約1年も入っていたのは、GROBALのパン切り包丁。

普段の料理に使っている包丁がGROBALのナイフなので切れ味抜群なことは分かっていたし、同じメーカーで揃えたいっていう気持ちがあったから。

そもそもGROBALって何?って気になった人は公式ホームページを見てね。

欲しい理由があるのに何でGROBALのパン切りナイフを買わなかったのかって??

だって…

とにかく高い(泣)

パンを切るためだけに1万円って…

切れ味はお墨付き一生ものって思えば安いのかもしれないけど、今の私は思えなかった(泣)。

約1年悩んだけど…

やっぱり思えなかった(泣)。

GROBALは諦めたとしても、最近ホームベーカリーを新調してパンを作る機会が増えたから、パン切り包丁は欲しい!!

ということで楽天セールを徘徊することに。

無印良品のパン切りナイフ

シンプルで扱いやすい無印良品。

我が家には無印のものがたくさんあります。

無印良品ってキッチングッズも充実してるよね。パン切り包丁もあるかな?って探してみたら、あるではないか!

無印らしい、シンプルで飽きのこないデザイン♡

こんなご時世で、なかなか店舗にも行けないからね。

すぐにお気に入りに追加。

価格は3千円未満。うーん…どうしよう。

悩むこと3日間。

ポチりました♡

ポチッとな

ついに我が家にパン切りナイフが、

キタ――(゚∀゚)――!!

公式の商品使用
原産国・地域中国
仕様・混率刃:ステンレス刃物鋼 口金部、柄:ステンレス鋼(18-8)
外寸刃渡り約18cm
抗菌加工
食洗機使用可否
電子レンジ・オーブン使用可否レンジ不可・オーブン不可
重量(梱包材含む)約190g

それでは早速使ってみよう。

いざ、オープン!

外箱から出すと、入っているのはナイフと取扱説明書。

普段あまり取り扱い説明書とかじっくり読まない人なんだけど、読んでおくもんだね!

読んでおいてよかった理由は、最後に書いておくので気になる人はぜひ最後まで見てね♡

デザイン

柄と刃の一体型。

一体型だと隙間がないのでパンくずが入り込まず、衛生的でお手入れも簡単♡

柄の部分は程よく厚いので、握ると安定感があるよ。

刃は片刃になっています。

包丁には、片側だけ刃がついている「片刃」と、両側に刃がついている「両刃」があるよ。

それぞれに長所と短所があるけど、片刃の長所は刃先が鋭いから切れ味がよく、薄切りがしやすいよ。

商品重量

とにかく軽いので驚きました。計量すると、127g!!(多少の誤差は許してね♡)

パックジュースよりも軽い!

これ…パックジュースの重さを測る必要あったのか(笑)

切り比べ

普段使っている包丁と、パン切りナイフでパンを切り比べてみたよ。

まずは普段使いの包丁から↓

次はパン切りナイフで↓

どうかな?違いが分かるかな??

写真では分かりにくいけど、包丁で切っている方はパンがつぶれているんです。

パン切りナイフは、さすが専用の包丁!

力を入れずに切れるからパンがつぶれないし、パンくずもほとんど出なかったよ。

とにかく本当にパンが切りやすい!!

感動~♡

感動は動画を見ると伝わりやすいかも♡よかったら見てね♡

ご覧の通り、パン切りナイフだと簡単に綺麗に切ることができました♡

薄いパンも簡単にできちゃいます。サンドイッチ用のパンを切るのにも大活躍間違いなし!

パン切りガイドがあればもっと簡単に切れるね♡

無印パン切りナイフのデメリットは?

デメリットは「食器洗い乾燥機が不可」で、波刃のため研ぐことができないこと。

食洗機対応のものや、有料で研ぎ直し可能なパン切りナイフもあるよ

ちなみに、どうして食洗機が使えないのかというと…

(これが取扱説明書を読んでおいてよかったところになります)

・刃身に使用している鋼材は一般的に用いられるステンレス鋼と違い、焼き入れ特性を持たせる炭素を含んでいるのでサビが発生しやすくなっている。

・食洗機を使用すると汚れを含んだ水分が付着したまま乾燥され、サビが発生する場合がある。

なんだって!なるほどね~

私、食洗機不可のものを「大丈夫でしょ!」って食洗機で洗うことがあるんだけど…(←雑すぎか)

不可なのには理由があるんだね。(←当たり前だ)

理由を知るって大事だね。

長く大事に使いたいし、今後は気を付けよっと♪

ということで今回は、悩んでいたけど買ってよかったキッチングッズの紹介でした♡

おしまい♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 ちぃぼーの幸せな日常 - にほんブログ村

error: Content is protected !!